スポーツ

新生BREX…

何だかBlogを書くのが1ヶ月ぶりになってしまいました…
天気が安定していなくて体調を崩していた事もありますが、色々と雑用が多かったので…
DQ11も出たし(笑)

さて、8月19日にブレアリでBREXのTIP OFFイベントがありました。
行こうと思っていたのですが突然の嵐のような大雨に加えて大雨・洪水警報や竜巻注意報が出ていたのでブレアリまで行く勇気が無く断念しました(笑)

メンバーは初代王者を獲得した昨シーズンからかなり変わっています。

まずは渡邉の引退。
まだ年齢的には早いと思うんですが、彼がMCをやっていたラジオ番組「ナベのフタ」がチャンピオンシップの決勝直前に突然の最終回…何となく嫌な予感がしていました。
でも引退とは…

近い選手には優勝してもしなくても引退すると早くから伝えていたようです。
鎌田社長にも決勝前には伝えたとか…

「ナベのフタ」に良く出演していた古川、須田が琉球へ、熊谷が大阪への移籍が決まりナベ軍団が一気にいなくなりました。
古川は当然の事ですが、セカンド・ユニットの須田、熊谷の活躍がなければ初代王者は無かったのでこれは痛いですね~

結局2017-2018のメンバーは

#0:田臥 勇太(キャプテン)
#3:前村 雄大
#4:ジェフ・ギブス
#9:遠藤 祐亮(サブ・キャプテン)
#10:竹内 公輔
#12:アンドリュー・ネイミック(Stirling Senators(オーストラリア)から移籍)
#13:セドリック・ボーズマン(福島ファイヤーボンズから移籍)
#18:鵤 誠司(広島ドラゴンフライズから移籍)
#21:橋本 晃佑
#30:山崎 稜(富山グラウジーズから移籍)
#31:喜多川 修平(琉球ゴールデンキングスから移籍)
#32:ライアン・ロシター(サブ・キャプテン)
#46:生原 秀将
#91:落合 知也

#15:青木ブレイクは富山グラウジーズへ1年の期限付き移籍になっています。

最後に加入が決まったのが一昨年ブレックスでプレーしていたドリューですが、これで昨年サブ・キャプテンだったトミーとの契約は無くなりました。
トミー好きな選手だったのに残念です。

HCのトムも3年契約の最後の年で本人は継続希望だったそうですが、HCは契約が切れたら変えるという鎌田社長の考えがあるようで…
過去の2回の日本一はトムだっただけに、これも惜しいですね。

またジェフと橋本はインジュアリーリスト入りしているので暫くは試合には出られません。
新サブ・キャプテンの遠藤も18日のイベント前の練習で足を痛めて一人で椅子に座っていたので少し心配です。

多分スターティングメンバーは田臥、遠藤、竹内、ライアン、喜多川になると思うのでまぁそれなりのメンバーだと思いますが、セカンド・ユニットは正直なところ昨シーズンに比べたら戦力ダウンかなと思います。
でも昨シーズン同様応援して行きます。
シーズン・チケットを購入したし(笑)

昨シーズンも個々のメンバーだけを見たら同地区のアルバルク東京や千葉ジェッツの方が上だったし、シーホース三河、川崎ブレイブサンダースというスター選手の揃ったチームを破って初代王者になっているので、最後まで諦めないという強い意志で戦ってほしいです。

しかし、昨シーズン同地区の仙台と秋田がB2に降格した関係で今シーズンの東地区は凄い事になっています。
レバンガ北海道、栃木ブレックス、千葉ジェッツ、アルバルク東京、サンロッカーズ渋谷、川崎ブレイブサンダース…
昨シーズンCSに進出した8チームのうち5チームが集まりました。

東京≧川崎>千葉≧栃木≧渋谷>北海道という感じでしょうか。

レバンガの代わりにシーホース三河が入ればもうCSなんていらないですね(笑)
まぁ、琉球の戦力強化は凄いので侮れませんが…
(でも古川は怪我みたいです)

同地区では星の潰しあいでしょうから交流戦での勝敗がCS進出に大きな意味を持つかと思います。
勝率は低くなるでしょうからワイルドカードでの2チームは厳しいですし…

新HCの長谷川さんの采配も期待ですね。

開幕戦は9/28日(金)、29日(土)にいきなりのシーホース三河戦です。
でも何で金曜日なんだろう…

その前に8/24(木)に富山グラウジーズとブレアリでプレシーズンゲームがあるので新生BREXを見てきます。
プレシーズンゲームなのでボランティアが足りないのか土足厳禁みたいです。

それから今シーズンのスローガンですが…

「BREX MENTALITY」

今シーズンは新しいメンバーも増えました。しかし、選手やスタッフの顔ぶれが変わっても、BREXのDNAとも言える、

「Break Throughの精神」
「常に新しいことにチャレンジし、どんな困難も必ず乗り越えようとする姿勢」
「BasketballのREX(ラテン語で“王者”の意味)を目指し続けるという意思」
「最後まで諦めずに戦う姿勢」
「ファンや地域を大切にし、一緒に戦っていくという“BREX NATION”の考え方」 等といった、ブレックスの精神性は不変のものです。

新たなメンバーが加わった今だからこそ、改めて「BREX MENTALITY」を新旧メンバーそれぞれが強く意識することで、
「強く」、そして「愛されるチーム」を創り上げていこうという想いを込めています。

だそうです。

ここ5年をみると

ENERGIZE → EXCITE → Be Ready → TO THE MAX → BREX MENTALITY

となる訳ですが、今までに比べて応援しにくいスローガンかな…

関連記事

  1. スポーツ

    B.LEAGUE 2017-2018シーズン 第4節 vs アルバルク東京

    今シーズン唯一の小山開催だそうです。プ…

  2. スポーツ

    B.LEAGUE 2016-2017シーズンセミファイナル Game 1

    5/13、14日の2日間で2勝した方がファイナルに進みます。1勝1…

  3. スポーツ

    B.LEAGUE 2018-2019シーズン 第2節 vs 富山グラウジーズ

    10/4日に開幕したB.LEAGUE 3年目…開幕の2連戦はアウェ…

  4. スポーツ

    帰ってきてくれて嬉しい!

    6/27日に現役を引退したブレックス渡邉裕規選手の現役復帰&ブ…

  5. スポーツ

    NBLラストシーズン プレーオフ  クォーターファイナル 第2戦

    昨日に引き続き第2戦を観戦しに来ました。席は2階指定席…

  6. スポーツ

    テニス復活しました。

    手術後約1ヶ月経過したので、テニスに復帰しました。しかし、体力…

お知らせ

このサイトは2018年11月1日以降は新しいURLに移行しています。 それ以降の更新はありません。 TOP頁に戻ると新しいサイトにアクセスされます。

最近の記事

  1. 20181029c
  2. 20181022c
  3. 20181020c
  4. 20181019c

カテゴリー

アーカイブ

  1. その他

    ちょっとびっくり…
  2. 自分

    私には春分の日が無かった件について…
  3. スポーツ

    B.LEAGUE 2017-2018シーズン 第16節 vs 滋賀レイクスターズ…
  4. 音楽

    山本裕康・諸田由里子 デュオリサイタル
  5. 宇都宮周辺

    ふるさと宮まつり
PAGE TOP