音楽

山本裕康・諸田由里子 今年はブラームス

実際に聴きに行ったのは12/10日です・

場所は昨年のベートーヴェンと同じ洗足のプリモ芸術工房です。
満席でした。

実は先週の宇都宮第九の前に日フィル・フルーティストの薫さんと総文近くの餃子専門店で餃子を食べたのですが…
その時にどこかでお見かけしたような方がいらっしゃったのです。
でも確信が持てなかったのでお声はかけませんでした。

この日は開場して中に入ったらまずは裕康さんと石田泰尚さんなどのプロデュースしている寺田代表と少しお話をして、その後に気になっていた方にお声をかけてみました。
「先週、宇都宮で餃子を食べていませんでしたか?」って(笑)

やはり当たっていました。
その人とはプリモ芸術工房の大島オーナーです。
ご本人もチェリストなので宇都宮第九に乗られていたそうです。(あっ、これ書いて良いのかな)

今年はこんな席で聴きました。
確か昨年のベートーヴェン1日目もこの席だったかも…
(ちなみに昨年のベートーヴェンは2日連続での演奏でした)

プログラムは敬称略で

チェロ:山本裕康
ピアノ:諸田由里子

ブラームス:スケルツォ ~FAEソナタより
ブラームス:チェロとピアノのためのソナタ 第1番 ホ短調 op.38
ブラームス:チェロとピアノのためのソナタ 第2番 ヘ長調 op.99

いや~
裕康ワールド炸裂でした(笑)

演奏は勿論の事トークも楽しかったです。
裕康さんは良く原田禎夫さんの「原田語録」を引き合いに出しますが、きっと「裕康語録」も出来そう(笑)

裕康語録を紹介しても良いのですが、あの雰囲気の中で聞かないと伝わらないんだろうな~

決して広くない会場ですが、裕康さんのチェロの音が直接体に感じられ…
赤いドレスの由里子さんのピアノの響きに体が共鳴し…
昨年も感じましたが空間全てに音が充満するような感じで、この会場好きだな~

第2番はブラームスが1886年に書いた曲です。
裕康さんは楽譜を買って勉強を始めた時に、楽譜の表紙にその日付を記入しているそうですが…
この楽譜を購入したのは1800年と言いかけて場内を笑いの渦に巻き込んでいました。
これも裕康語録の一つですね(笑)

来年は誰を取り上げるんだろう…
今から楽しみです。

アンコールはやはりブラームスの歌曲から1曲演奏されました。

そう言えば、このリサイタルのチケットは直ぐに完売したようで、友人が購入しようとしたらもう無かったそうです。
寺田代表にお願いしたら、ピアノの横の席だったら譲ってあげるだって…
要するに「譜めくり」をやれって事ですね(笑)

その後、運よくキャンセルが出たりして普通の席で聴いていました。

関連記事

  1. 音楽

    日フィル オールスター ガラ・コンサート

    実際に聴きに行ったのは昨日です。昨日は1ヶ月ぶりくらい…

  2. 音楽

    ランラン・ピアノリサイタル(2日目)

    木曜日に引き続き、2回目のランランです。と言っても、3日目、4日目…

  3. 音楽

    第94回 日フィルさいたま定期演奏会

    実際に聴きに行ったのは3/18日です。随分前のような気がします…

  4. 音楽

    第634回 日フィル東京定期演奏会

    今日のプログラムは指揮者:広上淳一ヴァイオリン:ボリス・ベ…

  5. 音楽

    第687回 日フィル東京定期演奏会

    実際に聴きに行ったのは1/20日です。プログラムは敬称…

  6. 音楽

    第691回 日フィル東京定期演奏会

    書くのを忘れていたわけではありません。色々と忙しくて…実際…

最近の記事

  1. 20181019c

カテゴリー

アーカイブ

  1. デジモン

    こんなものを頂きました
  2. 音楽

    第36回 宇都宮第九演奏会
  3. 宇都宮周辺

    真夏の蒲生神社
  4. スポーツ

    2016年を振り返って
  5. その他

    ベルリン国立美術館展
PAGE TOP