ちょっと遠出

リヒテンシュタイン展

東京出張での打ち合わせ後、時間があったので国立新美術館で開催されている「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」を観て来ました。

リヒテンシュタイン家の家訓は「優れた美術品の収集」です。
その中から140点あまりの作品が展示されていました。

展示は大きく分けると6種類の区画に分けて展示されています。

1.エントランス
2.バロック・サロン
3.リヒテンシュタイン侯爵家
4.名画キャラリー
−ルネッサンス
−イタリア・バロック
−ルーベンス
5.クンストカンマー:美と技の部屋
6.名画ギャラリー
−17世紀フランドル
−17世紀オランダ
−18世紀新古典主義の芽生え
−ビーダーマイヤー

見所は「バロック・サロン」と「ルーベンス」(私の私感ですが…)

リヒテンシュタイン家のコレクションはウィーン郊外にある「夏の離宮」で公開されています。
ここでは様々な作品が宮殿を思わせるような展示方法がとられており、今回の「バロック・サロン」でもそれを意識した空間になっています。

頭上にアントニオ・ベルッチの天井画がありますので、これから行かれる方は見落とさないようにして下さい(笑)
絵画以外にも、彫刻、椅子、燭台、割れた鏡(笑)など見所が沢山ありました。
マイセンのティーポットもありましたよ。

ルーベンス作品は10点展示されていました。
ポスターにもなっている「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」をはじめ「デキウス・ムス」連作から2点の大作等が展示されています。

ルーベンスに関しては2013/3/9〜4/21までBunkamuraミュージアムで「ルーベンス展」が開催されるようです。
これも面白そうですね〜

他にも名作ギャラリーなどは楽しめました。

今日GETしてきたのは、この2点。

名画ギャラリー:17世紀フランドルで展示されている「アンソニー・ヴァン・ダイク」が描いた「マリア・デ・タシスの肖像」でマリアが身につけているネックレスをスワロフスキー・エレメントで再現したものです。
これは嫁へのプレゼントです。

このペンダント引き換え券付きの前売り券を購入していたので、お安くゲット出来ました。

下に敷いてあるのは、ルーベンスの「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」を使用したクリーナーです。
メガネ拭きみたいなものですね。

関連記事

  1. ちょっと遠出

    東京駅一番街の期間限定ショップめぐり

    今日は東京出張だったので、途中で東京駅八重洲地下にある東京駅一番街に行…

  2. ちょっと遠出

    すみだ水族館

     スカイツリーです。出張のついでに行って来ました。…

  3. ちょっと遠出

    年間パスポート更新しました。

    すみだ水族館の年間パスポートですが、更新しました。ギリギリ2ヶ…

  4. ちょっと遠出

    結婚25周年記念の旅行(その2)

    ランチの後からですが…結構、お腹もいっぱいになったので…取…

  5. ちょっと遠出

    結婚25周年記念の旅行(その3)

    ちょっと時間が空きましたが、2日目の前半です。朝食は、…

  6. ちょっと遠出

    ひと段落…

    今日は副甲状腺の2回目の摘出手術を行ってから3ヵ月後の検査に行ってきま…

お知らせ

このサイトは2018年11月1日以降は新しいURLに移行しています。 それ以降の更新はありません。 TOP頁に戻ると新しいサイトにアクセスされます。

最近の記事

  1. 20181029c
  2. 20181022c
  3. 20181020c
  4. 20181019c

カテゴリー

アーカイブ

  1. 宇都宮周辺

    味噌かりまん
  2. 音楽

    ムジカ・ヴィッツ サマーコンサート2013
  3. 音楽

    Quartet Explloce東京公演
  4. ちょっと遠出

    すみだ水族館 続き
  5. 音楽

    黒い薔薇歌劇団 旗揚げ公演
PAGE TOP